グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




スポーツトレーナー養成講座


スポーツトレーナー養成講座
スポーツトレーナー国際ライセンス資格を取得すると、さらに活動のフィールドが広がり、世界で活躍するアスリートをサポートすることが可能になります。本校では、NSCA-CPT/NSCA-CSCSの取得を目的としたスポーツトレーナー養成講座を開講し、より多くの学生がスポーツの世界で活躍できるよう取り組んでいます。

NSCAとは?

NSCA(National Strength & Conditioning Association)とは、1978年に設立され、現在52カ国、約3万人の会員を有している米国で最も権威のある非営利教育団体。『ストレングス&コンディショニング(S&C)』(筋肉トレーニングと、体力要素を最高の状態に調整すること)の基準とガイドラインを構築。
スポーツ障害予防とパフォーマンス向上を目的として、プロのアスリートを指導する、資格認定者を育成しています。
メジャーリーグを含むアメリカのプロスポーツ、サッカー各国代表チームなど、
世界中のトップアスリートやチームを指導するスポーツトレーナーが多数保有している資格です。
NSCA‐CPT NSCA‐CSCS
Certified Personal Trainerの略。
個人に合わせたトレーニングプログラムの作成およびマンツーマンの指導を行なう専門職です。その指導対象はスポーツ選手から中高年層や生活習慣病などを持つ人々まで広範囲にわたるため、トレーニング知識に加え、医学的知識、高度な知識と能力が要求されます。
Certified Strength & Conditioning Specialistの略。
主としてスポーツ選手に対し、競技力向上を目的とした安全かつ効果的なストレングス・トレーニング及びコンディショニング・プログラムを計画・実践する専門職です。

講座概要

受講資格 新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校
在校生でスポーツトレーナー科目履修を希望する方
受講内容 特定非営利活動法人 NSCAジャパン
日本ストレングス&コンディショニング協会
NSCA-CPT NSCA-CSCS 資格取得
受講期間 年限1年間/授業時間86時間
毎週金曜日 ※曜日は年度により変更あり
【1限】9:00~10:30 【2限】10:40~12:10
募集定員 各コース20名
受講費用 【NSCA-CPT】
受講料 129,000円
資格認定試験料 44,000円
合計 173,000円
※金額変更の可能性あり
【NSCA-CSCS】
受講料 122,000円
資格認定試験料 48,000円
合計 177,000円
※金額変更の可能性あり
【NSCA-CPT/NSCA-CSCS認定試験の出願条件は下記にてご確認ください】
NSCAジャパンホームページ(別ウィンドウが開きます)

充実したトレーナー育成プログラム

Point 1   WINGATEが養成講座をサポート
WINGATEは、スポーツ選手のトレーニング指導やトレーナーの育成などを行い、トレーニング施設などの管理、スポーツ選手のマネージメントなど、トレーナーに関する業務をトータル的に運営・活動している日本を代表する会社です。

Point 2   トレーナークラブで実践的な指導
全日本バレーボールや全日本卓球など、多くのトップアスリートをサポートする 株式会社ケッズトレーナー の指導を受けることができ、スポーツトレーナーに必要なテーピングやストレッチなどを授業以外で修得することが可能です。

Point 3   校内にトレーニングルームを完備
スポーツトレーナー養成講座で学んだトレーニング方法を実践する場として活用することができます。
その他にも、授業以外の時間帯にクラブ活動や体力向上のために活用することも可能です。

Point 4   多様なインターン実習先
株式会社ケッズトレーナーをはじめ、女子サッカーなでしこリーグ「日テレ・ベレーザ」、プロバスケットボールチーム「東京エクセレンス」とパートナー契約を結び、インターン実習を行っています。

Point 5   スポーツ選手のセカンドキャリアを支援
スポーツ経験で培った経験に鍼灸・柔道整復のスキルを加えることで新たなフィールドで活躍することが可能です。そのような方のために大幅な学費減免制度を設けています。支援制度詳細

pagetop