グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学校案内 >  教育理念・目的と3つの方針

教育理念・目的と3つの方針


新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校の教育理念・教育目的

新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校は、医療専門課程において、医療人としての専門的知識・技能の修得に加え、人間力を育み、自主的精神に充ちた心身共に有能な臨床家として国民の健康の保持に寄与し、社会に貢献できる人材の育成を目的とする。

新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校における専門学校教育実現のための方策

新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校は教育理念に基づき、どのような能力を身につけた学生に卒業を認定し、称号を授与するのかという方針を定め、その方針を達成するために必要な教育内容等を示した教育課程の編成・実施の方針を定め、その上で2つの方針を達成し得る潜在力を持つ入学者を選考するための選考制度を明記した入学者受け入れの方針を定めます。

卒業認定・称号授与の方針(ディプロマポリシー)

新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校は、教育理念と教育目的に則り以下に示す到達目標を定め、これを卒業認定・称号授与の方針(ディプロマポリシー)とします。

主体的・自立的に行動できる人間力を身につける

1. 豊かな人間性と高い倫理観をもって適切に判断し、責任ある行動をとることができる。
2. 探求的・創造的思考を身に付け、生涯自己学習に取り組むことの必要性を理解している。
3. 対象者と良好な関係を築き、相手の立場に立った医療サービスを提供できる。
4. 医療の現場で円滑にコミュニケーションがとれ、他医療職を理解し連携する能力を持つ。

医療専門職として必要な臨床力を身につける

1. 医療人として必要な基礎医学・臨床医学の知識を幅広く修得している。
2. 医療専門職として求められる専門的知識や技能を有し、安全かつ適切に実践できる。
3. 知識を統合し、対象者の身体的・心理的・社会的な状態を適切に判断する基本的な問題解決能力を持つ。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校は、卒業認定・称号授与の方針(ディプロマポリシー)に則り、以下のとおり教育課程の編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)を定めます。

教育課程編成の方針

1. 課程の教育上の目的を達成するために必要な科目を開設し、体系的に編成する。
2. 教育課程の編成にあたり、専門的知識及び技能を修得させると共に、思考力・判断力を培い、豊かな人間性を涵養するよう適切に配慮する。

教育課程実施の方針

1. 卒業認定・称号授与の方針(ディプロマポリシー)で定めた、卒業時までに修得すべき知識・技能等が教育課程体系でどのように養成されるのかを理解しやすく示す。
2. 教育課程を「基礎科目」、「専門基礎科目」、「専門科目」「総合領域・総合学習」に分類される科目で構成し、各学科の養成施設認定規則に従う科目を配当する。
3. 主体的な学習習慣を身に付けるために、予習・復習等、授業時間外での課題取り組みを促す。
4. 成績評価の公正性を確保するため、成績の評定は各科目で設定された科目の目標に対する到達度を目安として採点し、客観性のある評価を行う。

入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー)

新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校は、教育理念、教育目的、卒業認定・称号授与の方針(ディプロマポリシー)、教育課程・実施の方針(カリキュラムポリシー)を踏まえ、入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー)を定めます。

求める人物像

1. これまでの人生経験に本校で修得する新しい専門性を付加することで、将来のなりたい自分を描くことができる方。
2. 鍼灸師・柔道整復師・歯科衛生士としての責任と倫理観の重要性を理解し、相手の立場に立ったコミュニケーションが取れる方。
3. 鍼灸師・柔道整復師・歯科衛生士に必要な知識や技能の修得に励む意欲を持っている方。

選考の方針

各学科の特性に応じた適切な方法で、本校の専門学校教育を受けるにふさわしい人物像(能力・適性等)を多面的・総合的かつ公正に評価し、選考する。
◆AO(アドミッション・オフィス)入学選考
 書類審査と総合的な面接をもとに、本校の求める人物像に合致する方を選考する。
◆推薦入学選考(公募・指定校)
 高等学校長の推薦・書類審査・面接をもとに、本校の求める人物像に合致する方を選考する。
◆一般入学選考
 書類審査・小論文・面接をもとに、本校の求める人物像に合致する方を選考する。

pagetop