在校生の方へ

トップページ > 在校生の方へ > 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急対応のお知らせ

2020.12.16(水)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急対応のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急対応のお知らせ

この度、日本学生支援機構より新たな支援制度のお知らせがございましたので、ご案内いたします。

現在、最高学年(3年生)で第二種奨学金を受けており貸与終了(予定)が令和2年度中の者で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、就職の内定取消しを受けたこと又は就職先が決まらないこと等で、やむを得ず修業年限を超えて在学することとなった者や、これを機に、休学しボランティアに参加する等(学びの複線化)の活動を行う者を対象に、それらの学生等が経済的な理由から学業の継続を断念することのないよう新たな支援を実施することといたしました。

 

(1)内容

下記、対象学年、対象者の要件を全て満たしている方は

貸与期間を最大1年延長できます。

 

(2)対象学年

3年生

 

(3)対象者の要件

次の①~③の全てを満たす者が対象となります。

 ① 令和 2 年度に最高学年で第二種奨学金の貸与を受けている者

※令和2年度の途中で貸与終了する者を含みます。

② 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、就職の内定取消を受けたこと又は就職先が決まらないこと等で、やむを得ず標準修業年限を超えて在学することとなった者

 ③ 卒業予定期を超えての在学期間延長及び奨学金貸与の必要性を在学学校長が認める者

 

(4)延長期間

貸与期間を最大1年延長 (貸与終了予定が令和3年3月の場合、令和4年3月まで延長可能)

※ 既に「第二種奨学金貸与期間延長」により貸与期間の延長を受けている場合、延長できる期間は通算して最大1年です

 

(5)申し出期限

2020年12月25日(金)

学生部までお越しください(担当:新荻、杉本)

在校生の方へ一覧に戻る