はり師・きゅう師・
柔道整復師になって
治療のできる
スポーツトレーナーを目指す

  • SSJSのここがスゴイ!

    トレーナー資格取得コース

    NSCA資格取得コースでは、
    パーソナルトレーナー・
    ストレングスコーチの
    国際ライセンスの取得が可能です。

    資格取得コースについて

  • SSJSのここがスゴイ!

    スポーツトレーナークラブ

    スポーツトレーナークラブでは、
    ケガの応急処置・
    身体のケアなどを習得し、
    実際の現場で経験を積んでいきます。

    活動内容について

  • SSJSのここがスゴイ!

    目指すcareerへ一直線!

    トップトレーナーに学んだ
    多くの卒業生が、
    多方面で活躍しています。

    活動実績について

来て、見て、体験!オープンキャンパスオープンキャンパス情報はこちら

NSCA-CPT トレーナー資格が在学中に86時間(174,200円)で取得できる!

現場で求められるスポーツトレーナーとは?

現代のアスリートが記録に挑戦するには、スポーツトレーナーの存在が不可欠です。なかでもメディカルトレーナーの役割は重要で、ケガの応急処置や健康管理が十分でない場合、選手生命に関わることもあります。
さらに近年ではドーピング等の問題もあり、薬や手術も容易に行えないケースも増えてきました。そのため、医療系国家資格を持ったスポーツトレーナーが必要とされるようになってきました。

アスリートが
安心してトレーニングができるように

競技に向けて日々トレーニングを重ねるアスリートが常に考えなければならないのが、ケガや体調の管理です。ちょっとした不具合を感じるだけで100%の力を出し切れず、チャンスを逃すことも少なくありません。
メディカルトレーナーの存在はアスリートに精神的な余裕をもたらし、安心してトレーニングに打ち込める環境を作りだします。最適なトレーニング方法と体調管理、ケガに対する対処などが揃って、初めて記録に挑戦できるということです。

多くのトップ・トレーナーが
はり師・きゅう師・柔道整復師の資格を持っている

はり師・きゅう師・柔道整復師のトレーナーが多い理由は、身体の仕組みを知っているから。練習時に選手がケガをしたり痛みを感じたとき、すぐに対処できるのがはり師・きゅう師・柔道整復師です。
多くのトップ・アスリートのトレーナーにはり師・きゅう師・柔道整復師が多いのもそれが理由で、安心して競技に集中するための最善の選択と言えるでしょう。

スポーツトレーナートピックス

2020.11.24 (火)

【高1・2向け】12/19(土)クリスマスイベント開催!

高校1・2年生向け!複数の学科体験が選べる【プレスクール】を開催します。 学科や組み合わせは自由!気になる体験を3つ選んで参加しよう! ご来…

2020.10.26 (月)

【申込者限定】オンラインオープンキャンパス

【申込者限定】 オンラインオープンキャンパスで できること  限定公開の動画で、新宿医療専門学校のこと がよくわかる!  入学金5万円減免も…

2020.10.06 (火)

オープンキャンパスの感染症対策について

新宿医療専門学校では、下記の対策を十分に行った上でオープンキャンパスを開催しております。https://youtu.be/JaqaEIm7Q…

2020.09.20 (日)

【随時更新】オンラインオープンキャンパス

新型コロナウイルス感染症の影響で学校に直接来ることが難しい方のために、 動画でSSJSのことをご紹介しています。 こちらのページでは学校内の…

さらに表示する