はり師・きゅう師・
柔道整復師になって
治療のできる
スポーツトレーナーを目指す

  • SSJSのここがスゴイ!

    現場に出て差がつく!

    NSCA資格取得コースでは、
    パーソナルトレーナー・
    ストレングスコーチの
    国際ライセンスの取得が可能です。

    育成プログラムについて

  • SSJSのここがスゴイ!

    スポーツトレーナークラブ

    スポーツトレーナークラブでは、
    ケガの応急処置・
    身体のケアなどを習得し、
    実際の現場で経験を積んでいきます。

    活動内容について

  • SSJSのここがスゴイ!

    目指すcareerへ一直線!

    トップトレーナーに学んだ
    多くの卒業生が、
    多方面で活躍しています。

    活動実績について

来て、見て、体験!オープンキャンパスオープンキャンパス情報はこちら

治療のできるスポーツトレーナーになって、アスリートとともに記録にチャレンジしよう!

現場で求められるスポーツトレーナーとは?

現代のアスリートが記録に挑戦するには、スポーツトレーナーの存在が不可欠です。なかでもメディカルトレーナーの役割は重要で、ケガの応急処置や健康管理が十分でない場合、選手生命に関わることもあります。
さらに近年ではドーピング等の問題もあり、薬や手術も容易に行えないケースも増えてきました。そのため、医療系国家資格を持ったスポーツトレーナーが必要とされるようになってきました。

アスリートが
安心してトレーニングができるように

競技に向けて日々トレーニングを重ねるアスリートが常に考えなければならないのが、ケガや体調の管理です。ちょっとした不具合を感じるだけで100%の力を出し切れず、チャンスを逃すことも少なくありません。
メディカルトレーナーの存在はアスリートに精神的な余裕をもたらし、安心してトレーニングに打ち込める環境を作りだします。最適なトレーニング方法と体調管理、ケガに対する対処などが揃って、初めて記録に挑戦できるということです。

多くのトップ・トレーナーが
はり師・きゅう師・柔道整復師の資格を持っている

はり師・きゅう師・柔道整復師のトレーナーが多い理由は、身体の仕組みを知っているから。練習時に選手がケガをしたり痛みを感じたとき、すぐに対処できるのがはり師・きゅう師・柔道整復師です。
多くのトップ・アスリートのトレーナーにはり師・きゅう師・柔道整復師が多いのもそれが理由で、安心して競技に集中するための最善の選択と言えるでしょう。

スポーツトレーナートピックス

2018.11.12 (月)

SSJS軟式野球部 活動日記 ~平成30年度 大会報告②~

皆さんこんにちは! SSJS軟式野球部です!   今回は今年度の活動報告第2弾、 9・10月に開催された秋季大会です!! &nbs…

2018.11.02 (金)

SSJS軟式野球部 活動日記 ~平成30年度 大会報告①~

皆さんこんにちは! SSJS軟式野球部です!   先月、今年度の公式戦日程が全て終了しました。 今日はその活動報告です。結果はいか…

2018.10.31 (水)

柔整学科の日常 ~日整柔道大会係員編~

皆さんこんにちは! 季節はすっかり秋ですね。 “スポーツの秋”です。しかし“食欲”の方が強めです…。   さて、10月7日(日)に…

2018.10.22 (月)

高校2年生のための進路ガイド

そろそろ気になる進路の話。先輩たちはどの時期にどうやってオープンキャンパスに行ったのか調べてみました。これを参考にSSJSのオープンキャンパ…

    さらに表示する